「できなくなったこともあるが、やれることもある。それが伝わらない」世界初の“仕事”に従事する認知症のひとたちの心の叫び
「人生100年時代」を考える。

「できなくなったこともあるが、やれることもある。それが伝わらない」世界初の“仕事”に従事する認知症のひとたちの心の叫び

森下知哉
森下知哉
国内
記事に戻る
記事に戻る
×