夏のフルーツに異変?

丸ごとのモモ2個が盛り付けられたパフェ。
季節の味覚をダイレクトに味わえるひと品。

東京・新宿にある「果実園リーベル 新宿店」では、旬のフルーツをふんだんに使ったパフェが人気。

来店客「モモがまるごと1つ入っていて、ぜいたくな感じで、来てよかったね」

このほかにも、ブドウの王様、シャインマスカットのパフェをはじめ、夏フルーツを使ったメニューが勢ぞろいしている。

しかし、2020年は、異変が起きているという。

パフェに使用するモモを味見したパティシエは...。

パティシエ・橋本進一さん「味的には、やっぱりいまいち甘さがのってきていないのと、香りが少ないので、これだとパフェにはちょっと使えない」

2020年は、甘みなど、味にばらつきがあるという。

その理由は、長梅雨による記録的な日照不足。

すでに、東京都内のスーパーでは、価格に影響が出ている。

アキダイ・秋葉弘道社長「だいたい2割ぐらい高くなっていますかね。ただ本当に、高いうんぬんの前に商品の確保が大変になってます」

例年なら、モモは4個入りで398円で店頭に並ぶが、2020年は、同じ値段で1個減った3個入りに。

スイカも、例年よりも100円高い、1カット398円で販売されていた。

生産現場は、さらに深刻。

山梨県にある観光農園「古屋甲玉園」を訪ねた。

古屋甲玉園・古屋和博代表「いや~ちょっと...。長雨と日照不足で、例年にない、ひどい状況ですね」

ブドウの一部の実は黒ずみ、旬のデラウェアは...。

古屋甲玉園・古屋和博代表「雨のせいで粒が割れてしまって、半分腐っているような状態」

記録的な長梅雨、日照不足によって、一部のフルーツでは、葉が傷んで病気になりやすくなったり、甘みに影響が出ている。

コロナで卸先の注文が少ない今、果物農家にとっては、痛いダブルパンチ。

古屋甲玉園・古屋和博代表「自分たちでなんとかできるなら、身を削ってでもするんですけど、そういうわけにもいかない状況ですので、あとはよくなることを信じて待つだけですね」

生産者が首を長くして待つのは、梅雨明け。

関東甲信地方では、早ければ8月1日になる見込み。