宮廷料理から家庭料理まで沖縄の食をテーマにしたイベントが名護市で19日から始まり、多くの人で賑わいをみせています。

沖縄食文化フェスティバルでは、県産食材を使ったパウンドケーキやかまぼこなどの加工品が販売されているほか、調理に手間を時間をかけたこだわりのイラブー汁を味わうことも味わうことができます。

出店者は:
『骨ごと食べられる画期的なイラブー汁となっていてクリアなスープでおすすめです』

また、沖縄の伝統古典芸能を見ながら宮廷料理を試食できる特設会場も設けられていて、沖縄の食文化を触れることが出来ます。

沖縄食文化フェスティバルは名護市21世紀の森屋内運動場にて20日午後5時まで開かれています。