東京・府中市の温度計が示していた温度計は39.9度。
40度に迫る災害級の危険な暑さです。

梅雨真っただ中に異例の猛暑が各地で続いています。

8日正午過ぎ、福岡・筑後市で86歳の男性が畑で倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認されました。
熱中症の疑いがあるということです。

強い日差しが降り注いだ東京都心。
2024年一番の暑さとなる36度まで気温が上がり、日傘やせんすで暑さをしのぐ人たちの姿が多く見られました。

災害級の暑さに上がる悲鳴。
飲料水などを配達する人は額も腕も汗だくです。

配達員:
(Q.どの瞬間が大変?)階段とかのぼっている時。

高温の火を使って調理する、トルコ名物のケバブ店。
店の気温計は約45度を指していました。

このところの災害級猛暑が原因で今起きているのが、「熱割れ」という窓ガラスが割れる被害です。

8日、修理依頼があった窓ガラス、熱割れとみられます。

ガラパゴス!山田晋さんは「最近の東京は特に暑いので割れやすくなってる」と話しました。

網入りガラスは高温になると中に入っているワイヤーが伸び、割れてしまうことがあるといいます。

7月に入り、この会社全体で1日100件ほどの依頼が来ているといいます。

茨城・つくば市では7日、暑さによってか駅前にある巨大なガラスが割れる被害がありました。

関東では8日、361人が熱中症で搬送されました。
この災害級の暑さは9日までがピークとみられ、予想最高気温は東京都心で36度、さいたま市で体温超えの37度。

引き続き熱中症への警戒が必要です。

また、8日に市内での観測史上一番の気温を観測したのが、東京・府中市。
40度に迫る39.2度まで上昇しました。

体温超えの危険な暑さで、特に注意が必要なのが屋外です。

訪ねたのは屋根リフォームの現場。
顔から滴る汗をぬぐいながら作業に当たっていました。

ヤネカベ 現場革命チーム・石田卓也主任は「屋根からの照り返しがすごく暑くて、目の前に立つとムワっとくるような暑さです」と説明します。

暑さ対策として着用していたのは、安全ヘルメットに麦わら帽子を合体させたオリジナルヘルメットです。

石田主任は「顔の周りも少し涼しくなるんで、見た目は悪いかな」と話しました。

作業が行われる屋根の温度をサーモカメラで確認すると、一面真っ赤になっています。
一部は赤を通り越して白くなっていました。

赤く表示されているエリアは60度を示していました。

暑さによる危険は子供たちの遊び場にも及んでいます。

東京・多摩市役所のウェブサイトで注意喚起されていたのが、公園などの遊具によるやけどです。

紹介されていた滑り台の表面温度は46.7度、特に熱いのがタイヤ跳びの60.5度でした。

無数のタイヤ跳びがあちらこちらにある、東京・大田区の通称「タイヤ公園」に向かいサーモカメラで見てみると、タイヤの形に添ってオレンジ色が濃くなっていました。

表面温度は53度、子供が触ればやけどするおそれがあります。
それもあってか、夏の時期は人が減るといいます。

近隣住民は「見て分かる通り子どももいない!熱いし、当然触れない。だからやけどする」と話しました。

実際、都内の皮膚科では遊具でやけどした子供の相談が増えていました。

東京八丁堀皮膚科・形成外科 平山真奈院長によると、公園などで遊ぶ際に、滑り台や鉄棒が高温になっていて、うっかりやけどしてしまったという相談が増えてきているといいます。

また、患者は例年8月には1週間で10人ほどに上り、この週末にかけては6人が受診したといいます。

平山院長は公園で遊ぶ際は、ラッシュガードや日焼け防止のインナーを着用すると、遊具に直接触れることを防げると話します。

また、もし、やけどしてしまった際、濡れタオルで冷やすと肌がふやけて傷を広げてしまうおそれがあるため、流水での対処が望ましいということです。