中国の高層マンションを襲った猛烈な暴風雨。

部屋にいた住民が投げ出され、死者も出ている。

なぜ大きな被害が出たのか、その脅威をカメラがとらえていた。

マンションの室内を撮影した映像。
テレビに夢中になっている子どもの横で、女性が窓の外を何度も確認している。

女性が窓から離れた際、外では稲光が。
すると、次の瞬間...。

窓ガラスが突然倒れ、部屋の中に暴風が吹き込んできた。

女性はあわてて子どもを抱きかかえ、部屋をあとにした。

この映像は、中国南部広東省で3月29日に撮影された。

こうした暴風雨の被害は、別の場所でも起きていた。

内陸部に位置する江西省の南昌市では、3月31日、滝のような雨や暴風に見舞われた。

別の映像では、マンションの渡り廊下のような場所に、強風とともに雨が激しくたたきつける様子がとらえられていた。

さらに別の映像では、窓ガラスの隙間から雨水が入り込んだ様子が確認され、停電が発生するなどの被害も出た。

すさまじい勢いで過ぎ去った暴風雨は、各地に大きな爪痕を残した。

タワーマンションの一室では、窓ガラス部分がすっぽりと抜け落ちている。

マットレスは飛ばされてしまったのか。
ベッドのフレームだけが残っていた。

別の映像では、部屋の窓ガラスがいくつも飛ばされているのがわかる。

撮影者「あの白いところ、あの壁と一面のガラスが全部飛ばされました。人がそこから転落しました」

中国メディアによると、暴風雨の影響で高層マンションの窓ガラスが吹き飛び、部屋にいた住民らが投げ出され、3人が死亡したという。

このほかにも、3階建ての住宅1棟が倒壊して1人が亡くなった。

中国気象当局は、今後も中国内陸部や南部の広い範囲で、雷を伴う暴風雨やひょうなどが発生するおそれがあるとして、注意を呼びかけている。

フジテレビ
フジテレビ

フジテレビ報道局が全国、世界の重要ニュースから身近な話題まで様々な情報を速報・詳報含めて発信します。

国際取材部
国際取材部



世界では今何が起きているのか――ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、モスクワ、イスタンブール、北京、上海、ソウル、バンコクのFNN11支局を拠点に、国際情勢や各国の事件・事故、政治、経済、社会問題から文化・エンタメまで海外の最新ニュースをお届けします。