30日、全国で新型コロナウイルスへの感染が新たに判明した人は、初めて1,300人を超えた。

29日を上回り、これまでで最多の感染者数となった。

30日、新たに判明した全国の新規感染者は1,301人で、これまでで最多だった29日の1,264人を上回った。

東京都で新たに感染が確認されたのは、これまでで最も多い367人で、すでに感染した人との濃厚接触者は163人、感染経路が不明な人は204人だった。

東京都では、演劇の稽古中、29日までに2人の陽性が確認され、公演関係者の検査を行ったところ、30日に20人以上の感染が確認された。

大阪府では、これまでで2番目に多い190人を確認した。

沖縄県でも49人の感染が判明し、1日あたりの感染者数は4日連続で最多人数となり、全体の感染者数は300人を超えた。

また、岩手県では、新たに40代の男性1人の感染が確認され、これで県内3人目となった。

この男性は、29日に感染が確認された宮古市の30代男性の取引先関係者。

このほか、愛知県では160人、神奈川県では76人、埼玉県では57人の感染が確認されていて、全国でこれまでにあわせて1,301人を数え、過去最多となった。