天皇皇后両陛下と長女の愛子さまは昨夜のサッカーワールドカップでの日本代表の勝利について喜ばれているということです。

側近によりますと、昨夜陛下は、(収穫を神に感謝する)一年で最も重要とされる宮中祭祀の「新嘗祭」を終えた後、試合の結果について知り、皇后さまや長女の愛子さまとともに、日本代表選手の活躍をとても喜ばれていたということです。

愛子さまは、試合をテレビで観戦し、応援されていたということです。

陛下は、今月2日、ドイツの大統領夫妻と面会の際、ワールドカップについて「楽しみにしています」「ただし、残念なことは日本とドイツが同じグループであることです」と話題にし、大統領が「同じグループであることは悩ましい」と返すと、「いずれにせよ、素晴らしい試合になることを期待しています」と話されていました。

ドイツの大統領夫妻と面会される両陛下(今月2日)
ドイツの大統領夫妻と面会される両陛下(今月2日)
この記事の画像(6枚)
記事 1245 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。