温暖化の影響で、世界遺産の氷河の3分の1が、2050年までに消滅すると予測された。

ユネスコ(国連教育科学文化機関)は3日、50カ所の世界遺産のうち、タンザニアのキリマンジャロ国立公園や、アメリカのヨセミテ国立公園など、3分の1にあたる氷河が、2050年までに消滅すると予測する報告書を発表した。

残りの3分の2の氷河は、気温上昇を産業革命前と比べて1.5度以内に抑えれば保護できるという。

関係者は、氷河が急速に失われると、何百万人もが水不足や洪水など、自然災害のリスクに直面するおそれがあると警告している。