スーパー銭湯などの温浴施設を狙って、窃盗を繰り返していたとされるグループが、今月、警視庁に逮捕された。

脱衣所のロッカーから、繰り返しクレジットカードを盗み出し、被害総額は1億円以上。被害が拡大したウラには、窃盗団の組織的な計画があった。

窃盗グループの“盗み役”と“買い物役”を逮捕

榎並大二郎キャスター:
銭湯の窃盗で1億円という被害の大きさには驚きました。

平松秀敏解説委員:
これから寒くなると、スーパー銭湯やサウナなどが恋しくなりますが、ここを狙う不届き者についてお伝えします。まず事件の概要です。

周瑜容疑者ら3人は今年8月、都内のスーパー銭湯の脱衣所で、4人のロッカーからクレジットカード5枚を盗んだ疑いで逮捕されました。

この記事の画像(12枚)

また、星野直人容疑者ら2人は今年6月、盗まれた他人のクレジットカードを使い、石川県内のドラッグストアでサプリなどを不正購入し、だまし取った疑いで逮捕されました。

犯行グループのうち、脱衣所のロッカーからカードを盗んだメンバーと、そのカードで買い物をしたメンバーが逮捕されたのです。

手口は非常にシンプルです。利用者がお風呂に行っているに隙に、脱衣所のロッカーからクレジットカードを盗み出し、そのカードで買い物をする。そんなシンプルな手口にもかかわらず、被害が大きい。

おととし12月から今年9月までに、盗み出したカードで約1340回の買い物をして、1億円あまりをだまし取っているとみられています。

なぜ?“女湯”が狙われた理由とは…

榎並キャスター:
銭湯の脱衣所での窃盗被害だけで、なぜ1億円を超えるようなことになったんでしょうか?

平松解説委員:
実は、このグループが主に狙っていたのは、女湯でした。

私の周りにいる女性に聞いたところ、「男湯よりも女湯の方が、そういう被害に遭いにくく、安全だと思っていた」と話していましたが、その油断が狙われたのです。

1つは防犯カメラ。

全国のスーパー銭湯でつくる「温浴振興協会」の調査によると、72%の銭湯で男湯の脱衣所に防犯カメラを設置しています。

榎並キャスター:
意外と設置されているんですね。知らなかった…。

平松解説委員:
一方で女湯はどうでしょうか。

榎並キャスター:
さすがに設置できないと思いますが?

平松解説委員:
その通り。女湯に防犯カメラを設置しているところは1カ所もありませんでした。

犯行グループはそこに目を付けて、女湯ばかりを狙って盗みを繰り返していたのです。

犯行グループが女湯を狙った理由は、ほかにもあります。

「利用時間」です。

髪の毛を洗う手間などを考えると、女性の方が利用時間が長くなる。その分、犯行のチャンスも増えることになります。

さらに犯行グループは、見張り役の女を脱衣所などに立たせ、誰がお風呂から早く出そうか、誰がゆっくりしているかを見極めて、実行犯の女に伝えていたそうで、見張り役も女湯の方が目立たないだろうということなんです。

榎並キャスター:
女性だと、髪を乾かしたりする時間などを考えたら、脱衣所に長くいても不自然ではないだろうということですか?

平松解説委員:
そうなんです。男湯で見張り役がジロジロ見ていたら、それは怪しいですよね。

「鍵付きロッカーだから安心」の落とし穴

平松解説委員:
さらに、もう1つ油断ポイントがあります。

これは警視庁が公開した、窃盗グループからの押収品ですが、その中にあるのが、この「鍵」です。

この窃盗グループは、スーパー銭湯の脱衣所で、鍵付きのロッカーを狙って盗みを繰り返していたそうで、本物の鍵を加工して、勝手に合鍵を作り、犯行に及んでいたというんです。

榎並キャスター:
ロッカーに鍵をかけたら、つい安心しますよね。どうすれば防げるんでしょうか?

平松解説委員:
「温浴振興協会」に聞いたところ、脱衣場のロッカーではなく、フロントの目の届くところにある貴重品専用のロッカーに預けることが大切だということです。

盗んだカードを止められる前に…暗証番号不要のタッチ決済で

この犯行グループは、細かく役割分担をして犯行に及んでいたことが分かっています。

例えば、クレジットカードを盗む役、見張り役、そのカードを持ち出す役、車の運転手役、そのカードを不正に利用して買い物をする役、購入した商品を買い取り店で売りさばいて現金化する役などです。

かなり組織的ですが、これまでに、このグループの逮捕者は分かっているだけで19人にものぼっています。

一方で、クレジットカードの場合、すぐに止められるので、このグループは、かなりスピーディーに犯行を進めていました。

しかも、盗み出したカードを使う際には「暗証番号」が不要な「タッチ決済」で、家電製品やタブレット端末など、換金しやすいものを買っていたということです。

こうした、組織的でスピーディーな手口が、1億円あまりという大きな被害額につながっているんです。

さらに、1億円あまりというのは実は、カード会社1社分だけの被害で、他のカード会社分を含めると、数倍に膨れ上がる可能性があるということです。

(「イット!」10月27日放送)