日銀の黒田総裁は会見で、「金融緩和を当面続けることに全く変わりなく、当面金利を引き上げることはない」と発言した。

また、黒田総裁は、大規模緩和を続ける理由について、「コロナ禍からの回復途上にある経済を支える必要がある」と述べた。

為替の変動については「様々な要因があるにもかかわらず、円安が進んできたことは、一方的な動きで、投機的な要因も影響しているのではないかと考えられる。我が国経済にとってマイナスだ」とし、政府とも緊密に連携しつつ、金融為替、市場の動向や国内経済、物価への影響を十分に注視していく考えを示した。