5月14日にも緊急事態宣言の一部解除が検討される中、各地で学校が再開している。
子どもたちから喜びの声が上がる一方、休校が続く地域では、授業の遅れや格差への心配が広がっている。

長野・飯山市では、マスク着用や手洗いを徹底し、小中学校を5月11日から再開。
今週は短縮授業だが、来週18日から通常に近い形での学校生活を再開する予定。

沖縄・石垣市では、4月28日以降感染者が確認されていない。
そこで、約1カ月ぶりの学校再開となった。

こうした中、問題となっているのが、学校が再開された地域と休校が続く地域の教育格差。

5月末までの都立高校などの休校が決まっている東京都。
5月11日も新たに15人の感染が確認された。

20人を下回るのは、実に42日ぶりだという。

休校が続く都立白鴎高校では、4月7日から、誰もいない教室に巨大なスクリーンを置き、オンラインで授業を行っている。

しかし、こうしたオンライン授業を行うためには、学校側と生徒側、双方でパソコン端末や通信環境が必要となる。

そのため、オンライン授業の準備が間に合わない学校では、プリントを使う独自の工夫で休校期間を乗り切ろうとしていた。

千葉・勝浦市の勝浦中学校では、今も休校が続いている。
廊下や教室からは生徒の姿が消える中、慌ただしさを見せていたのは職員室。

先生たちはせっせと封筒へ切手を貼り、その封筒にプリントを詰めていく。
これは、休校中の生徒たちへの物。

勝浦市立勝浦中学校・岡安和彦校長「中学校9教科分の学習を、それぞれ学習プリントにまとめ、週に1回、家庭へ郵送をさせていただいています」

勝浦中学校では週に1回、課題や学年便りなどを全校生徒307人全員の家庭へ郵送。
学習の機会を確保していた。

オンライン授業を行う学校がある中、なぜプリントでの学習を選んだのか。

勝浦市立勝浦中学校・岡安校長「IT機能を使った取り組みももちろん検討はしたが、平等性を確保するためには家庭のIT機能の環境により、子どもたちが不公平があってはいけない」

生徒から返送された課題は添削して、次の課題と一緒に郵送。
この時、先生の顔写真とメッセージも同封する。

生徒と先生が顔を合わせたのは、新学期が始まってから3日ほど。
写真入りのメッセージは、生徒との絆を深める工夫でもあった。

この取り組みは、生徒同士のつながりを深めることにもつながっているという。

勝浦市立勝浦中学校2年生・高梨帆南さん「これは、クラスのみんなに一言書いたメッセージです。連絡が取れない友達もいるんですけど、こういうの見ると、みんな元気だなと思います」

教育格差をなくそうとする現場の取り組み。

しかし、根本的な解決には、緊急事態宣言の解除が必要。

この解除の基準をめぐり、5月11日、国会では...。

西村経済再生相「13の特定警戒都道府県において、新規感染者の数など著しく改善している都道府県は、解除が視野に入ってくるものと考えられる」

5月末を待たずに緊急事態宣言を解除する可能性に言及する、注目の発言があった。