岸田首相は6日、広島市の平和記念資料館を視察し、「核兵器のない世界への機運を再び盛り上げる」などと記帳した。

岸田首相は、平和祈念式典に出席した後、資料館を国連のグテーレス事務総長とともに視察した。

岸田首相は、資料館の芳名録に「『核兵器のない世界』への機運を再び盛り上げるために力を尽くします」と記帳。

被爆地・広島出身の首相として、核軍縮に取り組む決意を記した。