景気の現状を示す指数が、6月は3カ月ぶりに改善し、過去最大の伸び幅となった。

内閣府が発表した6月の「景気動向指数」は景気の現状を示す「一致指数」が99.0と、前の月に比べて4.1ポイント上がった。

統計の比較可能な1985年以来で過去最大の伸び幅になる。

新型コロナの感染が落ち着き中国でのロックダウンが解除され、自動車や電子機器の生産が改善したことが大きな要因。

一方、基調判断は「改善を示している」のまま、5カ月連続の据え置き。数カ月先の景気を示す「先行指数」は、物価上昇などの影響で2か月連続でマイナスになっている。