脱プラスチックに向けて植物由来の原料を使った製品に切り替える動きが進む中、モスバーガーもコメを配合したバイオマスプラスチック製のスプーンやフォークを導入する。

モスフードサービスは「モスバーガー」の店舗で、持ち帰り用のスプーンやフォークをプラスチック製から国産の非食用のコメを25%配合したバイオマスプラスチック製に切り替える。

8月から東京や大阪など25店舗で先行して導入し、10月以降、全国の店舗に順次拡大する方針で、全国で導入されると年間約3トンのプラスチックを削減できる見込み。

モスバーガーではすでにバイオマスプラスチック製のストローや木製のマドラーを導入するなど脱プラスチックを進めている。