5月31日まで延長される緊急事態宣言。

切実な声が上がっている。

割烹旅館「清都」女将(おかみ)・清都みちるさん「本当に瀕死(ひんし)の状態だと思います。なんとか助けていただきたい」

千葉・南房総市の割烹旅館「清都」の女将・清都みちるさん。

旅館は、2019年に千葉県を襲った台風15号で、大きな被害が出た。

3月の中旬に、台風からの復旧作業が終わる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で工期が遅れ、足場だけでなく、ブルーシートもまだ残っている状況。

夏休みのオープンを目指して、ゴールデンウイーク明けから、工事を再開させる予定だった。

しかし、緊急事態宣言の延長で、さらに遅れる可能性が出ている。

清都さん「これ以上は待てない」、「(収入は?)まったくないです」

こうした声に、国はどう応えるのか。
切実な声は、各地から出ている。

東京・北区の「やきとん大王」にも、緊急事態宣言の延長は影を落としている。

串は、豚肉を中心に、1本80円から。

店長の篠原裕明さんは、東京都の要請を受け、営業時間を短縮。
アルコールの販売を午後7時までとした。

その結果...。

篠原さん「売り上げ的には、5分の1、6分の1程度でしかない。『自粛、自粛』言われて、皆さん外出をしなければ、われわれの商売はどうしようもない」

テイクアウトや出前も始めたが、減少した売り上げを補うほどにはなっていない。

篠原さん「『自粛だ、要請だ、家から出ないでくれ、店閉めてくれ』閉めたら食っていけないんだもん、こっちは」