自民党の泉田裕彦衆院議員が、かつて“新潟のドン”と言われた星野伊佐夫新潟県議から裏金を要求されたと告発した問題で、証拠とされる音声を入手した。

音声は、泉田氏が星野県議から裏金を要求されたとされる際に録音された。主なやりとりは以下。

星野県議とされる人物:それでさ今日の話は誰も知らない。
泉田議員:うんうん。
星野県議とされる人物:これはまあ俺も共犯というか

星野県議とされる人物:それで泉田さん 勝とうさ どう思うね。
泉田議員:やっぱり小選挙区で勝つかどうかで全然違いますもんね。
星野県議とされる人物:もしさ比例でひっかからなかったら終わりだよ。
泉田議員:うん。
星野県議とされる人物:このままでいったら比例ひっかからないんだから、だめだね。このままじゃ比例ひっかからない。結局しくじってやられるのはあなたと俺なんだよ。

星野県議とされる人物:とにかく必要経費を早くまこう。もう余裕がない。選挙が始まってからなんてバカはいない。今だ、今でも遅いくらい。

星野県議とされる人物:ここに2000万や3000万出すのにもったいながったら人生終わるよ?

この記事の画像(38枚)

星野県議とされる人物:ね?そこなんだよそれは。あの大部分は領収書もらえるやつだから。

星野県議とされる人物:これねいちいち警察に報告してやるわけじゃないんだから。これはね早くしないとあとで悔いが残ると。1億や2億の話じゃなくなるから。そんなもんじゃなくなるから。

星野県議とされる人物:2000万や3000万の金を惜しんで一生を投げちゃいけない、いけないよ?
泉田議員:だからあの違法行為にならないようにしないといけないので。
星野県議とされる人物:いやそんなものはね、そんなものはね、いいですか、はっきり言うよ。言葉の問題だけであって実際はそんなもの気にしている候補者なんか1人もいないからね。

泉田議員:先生ちゃんと寄付できるときに言ってくれればいいのにどうしたらいいんですかね。
星野県議とされる人物:だからさ、この話はもう早く言えば秘書の耳にも入れてはならない。あんた1人1人の腹、だーれにも言っちゃならないこれはこの話は。

泉田議員:でもまかないとだめなんでしょ?
星野県議とされる人物:まくというのはばらまくんじゃねぇちゅうて。実力者、地区地区の(個人名)

泉田議員:だから寄付の期限があるから。でも事務所から聞いているはずですよ。寄付の期限があるからこの期限に言ってくれと。
星野県議とされる人物:それとはまた違うんだよなあ。それとはまた違うんだよ。俺の言っている意味はね。

泉田議員:あの広島で(買収事件が)あったでしょう。
星野県議とされる人物:そんなこと言ったらキリがねぇから。そんな話は表面の話なんだ。絶対ダメだよって言うのは当たり前。裏はみんなそういう世界なんだから。

泉田議員:お話は分かりました。
星野県議とされる人物:必要経費ということでね。領収書等々もらっておいてください。

イット!
イット!
メディア
記事 1728