中国で、地元当局の情報隠ぺいに批判が出ている。

中国メディアによると、内陸部・甘粛省の蘭州市当局は、2019年7月ごろ、発熱や関節痛などの症状を引き起こす「ブルセラ症」の動物用ワクチンを製造する製薬工場から菌が漏れ出し、周辺住民らおよそ6,600人が感染していたことを発表した。

当局は当初、感染したのは、研究者らおよそ200人と発表し、住民への被害は明らかにしていなかった。

しかし、地元報道をきっかけに、当時、3,000人以上の感染を把握していたと認めていた。