駅員の男を逮捕…母の無料券で不正乗車繰り返す

東京都営地下鉄で不正乗車を繰り返し、電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕された富田和義容疑者(52)。
富田容疑者は交通局に勤める都庁前駅の駅員だった。

この記事の画像(6枚)

富田容疑者が不正乗車に用いたのは、障害を持つ母親に発行された無料乗車券。
この母親名義の乗車券を使い、2019年9月上旬に、都営地下鉄を17回(3360円分)を利用した疑いが持たれている。

一方で、逮捕のきっかけとなったのも、同じ都営地下鉄の駅員からの通報だったという。

都営地下鉄・浅草線の蔵前駅の改札機に、回数券を入れては取る動きを繰り返していた富田容疑者。
これを不審に思った駅員が110番通報し、任意同行に応じた富田容疑者の所持品から、母親名義の無料乗車券が発見されたという。

この時富田容疑者は、警察が駆けつけるまでに持っていた回数券をトイレに流していたとみられている。

富田容疑者は通勤の際に不正乗車をしていたとみられているが「母親が持っているとなくすので、使うときは一緒に出かけて自分はちゃんと払っていた」と供述し、容疑を否認。

一方で富田容疑者の母親は「十数年前から無料乗車券を見ていない」と話しているという。

富田容疑者と同じマンションの住人:
(富田容疑者は)一人暮らし。(母親は)見たことない。


警察は十数年前から不正乗車を繰り返していたとみて余罪を調べている。

(「イット!」11月20日放送分より)