福島県いわき市の『アクアマリンふくしま』を訪れたのは、栃木県の鹿沼市立北中学校の3年生。

グループに分かれ「福島の魅力」についてCMを制作するという、新しい形の修学旅行。

「この水族館で初めてイワシの養殖に成功しました」

スケッチブックには絵や文章で館内の特徴が描かれている。

生徒:「10月の頭位からずっと準備してきて、それで絵を描いたり、色々工夫したりしました」

当初は、関西方面へ旅行する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で福島県に変更したという。

代わりに『CM制作』というプログラムを取り入れた『新たな形の旅行』を通じて、福島県をより深く学んだ。

生徒:「魚をバック(背景)に出来て、凄いいいCMが撮れたと思います。災害があった事もちゃんと勉強して、これからの生活に生かしていきたいと思います」

撮影したCMは校内で上映会を開くことにしている。