集会が禁止されたタイの首都・バンコクでは、18日も学生らが大規模な反政府集会を強行した。

反政府グループは、警察による封鎖を避けるため、SNSで集会参加者に最寄り駅に行くよう呼びかけ、直前になって会場を告知するなどゲリラ的に集会を開いた。

会場の1つ「戦勝記念塔」では、プラユット政権の退陣や王室改革などを求めるおよそ1万人の若者たちが集まり、抗議の声を上げた。

参加者は、「わたしたちが王室をチェックしたい。王室を法律に従わせるべき」、「独裁政権のようだ。政府は国民のことを考えるべき」などと話した。

集会はタイ各地で行われ、混乱を避けるため、政府が鉄道や地下鉄の一部の駅を閉鎖し、市民の足に影響が出た。