全長1キロ、最大30度もの急斜面を駆けあがる大会が上川の比布町で開かれました。

 ぴっぷスキー場で開かれたこのイベントは、雪が降る前のゲレンデを活用しようと感染症対策をした上で町が初めて企画しました。500人の参加者が、個人やリレーの部などにわかれ、ゲレンデを駆け上がりタイムを競います。

 最大傾斜は30度…あまりのきつさに足が止まってしまう人も。

参加者:「つらかった。想像を絶する過酷さ」

 走りきることができた参加者たちからは、頂上から眺める大雪山連峰に歓声が上がっていました。