東京都で17日、新たに235人が新型コロナウイルスに感染していたことがわかった。

都内の1日の感染者数は235人で、2日ぶりに200人を上回った。

家庭内で感染した人は50人にのぼっていて、4人以上が感染した家族が3組あったという。

一方、青森県では、新たに17人の感染が確認され、このうち13人は、クラスターが発生している接待を伴う飲食店の従業員などだという。

この店での一連の感染確認は、52人に広がった。

全国で624人の感染が確認され、6人が亡くなった。

また、劇団四季によると10月10日、東京・汐留の劇場で上演中の「アラジン」の出演者1人の感染を確認し、公演を一時中止させたという。

その後、濃厚接触者と認定されたほかの出演者など29人を検査したところ、これまでに新たに9人の陽性が確認されたという。

劇団四季は、出演者と観客の接触はなかったとしている。