勝てば春のセンバツ甲子園が大きく近づく一戦に臨んだ関根学園。

1回にいきなりピンチを迎えます。

1アウト2塁、3塁の場面でスリーベースヒットを打たれ、2点を失います。

しかし3回、4番・尾身の2塁打などで3点をあげ、逆転に成功します。

互いに1点を追加し、関根学園の1点リードで迎えた9回ウラ。

関根学園はツーアウトまでとりましたが、ここで痛恨の失点。

そして延長10回。タイムリーヒットを打たれサヨナラ負けを喫しました。

【関根学園・滝澤夏央投手】

「この借りは次の春、夏、絶対負けないように、これからの練習をがんばりたいです」