17日未明、恩納村の県道で乗用車が電柱などに衝突し運転していた女性が死亡した。

警察の調べによると午前2時頃、恩納村仲泊の県道6号線を南向けに走っていた普通乗用車が歩道に乗り上げ、電柱やガードパイプに衝突した。

運転していたのは51歳の女性で、心肺停止の状態で病院に運ばれたが約3時間後に死亡した。同乗者はいなかった。

現場は見通しの良い片側1車線の直線道路で、ブレーキ痕がないことなどから警察は居眠り運転やスピード超過も考えられるとして原因を詳しく調べている。