県は16日、小浜市の男女4人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。4人は小浜市内の同じ飲食店で働いていた。 

新たに感染が確認されたのは、小浜市に住む50代から70代の男女4人で、4人とも小浜市の御食国 若狭おばま食文化館の別館の飲食店「濱の四季」の従業員。

県によると、京都に滞在歴がある50代女性が、今月14日、発熱などの症状があり、検査したところ、16日、陽性が確認された。これを受け、従業員7人を検査し、このうち3人の陽性が確認された。

小浜市では、初の感染者確認となる。

県は、感染が広がるかどうか注視していて、今月10日以降、この飲食店を訪れた人は若狭健康福祉センターへの連絡を呼び掛けている。

県内の感染者の累計は254人になった。