原則40年の運転期間を超えて再稼働を目指す関西電力の原発を巡り、国の資源エネルギー庁のトップが、杉本知事に「エネルギーの安定供給には不可欠」と再稼働に向けた地元同意を求めた。

16日、県を訪れたのは、国のエネルギー政策を担う資源エネルギー庁の保坂伸長官。

保坂長官は、40年を超える関西電力美浜原発3号機や高浜原発1、2号機の再稼働について、地元同意が得られるよう求めた。

これに対し、杉本知事は、まずは国が、地元へ丁寧な説明を果たすべきとした。

金品受領問題で信頼が揺らぐなか、国は今後、立地自治体で住民説明会を開き、再稼働への理解を求めていく考えを示した。