金品受領問題を巡り、関西電力の森本孝社長が14日、杉本知事に再発防止策などを報告した。

関西電力の森本社長は県庁で杉本知事と面談し、金品受領問題を巡って新たにグループ会社の幹部ら少なくとも7人が高浜町の元助役から商品券などを受け取っていたとする追加調査の結果やコンプライアンス委員会を美浜町で開催したことなど再発防止に向けた取り組み状況を報告した。  

杉本知事は業務改善の取り組みに一定の評価をしたものの、引き続き信頼回復に努めるよう求めた。  

また、関電が年内に示すとしている使用済み核燃料の中間貯蔵施設の県外の候補地について、期限を守るよう念を押し、原発再稼働への言及はなかった。