コロナ禍の椿事…オンライン参拝がさい銭泥棒の一部始終をライブ配信

御朱印で有名な名古屋市内の神社。
その神社のさい銭箱が狙われたのだが、その罰当たりな犯行の一部始終がライブ配信のカメラで捉えられていた。

名古屋市北区の別小江(わけおえ)神社。

平安時代の資料に記録が残るほど古くから続くこの神社は、御朱印が有名。全国1万以上の神社の中から最も人気があるとして、3年連続で1位を獲得したこともあるほど。

その神社で行われた罰当たりな犯行。お金が入ったさい銭箱が箱ごと盗まれた。

さい銭泥棒の瞬間が撮影されたのには、2020年ならではの理由があった。

泥棒が入ったのは10月10日未明の午前3時半ごろ。
雨が降る中、二人の男がさい銭箱へ近づいてきた。人目を気にして周囲を警戒している様子も…

二人は工具を使ってさい銭箱にくくりつけてあるチェーンを外し、手際よく移動させていく。

途中誰か人が来たのか、隠れるようにさい銭箱から離れる場面も…

しかし、その後すぐ何事もなかったかのように戻ってきて、犯行を続けた。そして、さい銭箱からお金が入っている部分を取り出し、そのまま持って立ち去っていったのだ。

最後にさい銭箱にお金が残っていないか、ライトを照らし確認する姿まで映っていた。
この犯行が撮影されたのには2020年ならではの理由が…

祢宜の女性:
新型コロナウイルスの影響で参拝できない方の為に、オンラインでのライブ配信をしておりまして、そのためにつけたカメラがあり、そちらを確認させていただいたという形です

実は2020年から新型コロナウイルスの影響で「密」を避けるため、神社へ参拝に来られない人に向けてライブ配信を開始。そのカメラに今回の犯行が映っていたのだ。

また犯行の前日には、1年に1度行われる神社の大きなお祭り、「例大祭」が開催されていた。

祢宜の女性:
例大祭が行われておりまして普段よりもご参拝が多く、ご浄財も普段よりも多く入っている日ではありました

男2人がカメラの前でさい銭箱を盗み立ち去るまで、約6分。
今回の被害について神社は…

祢宜の女性:
神様への感謝の気持ちを込めてご浄財を入れていただいているものだと思いますので、そういったご浄財が盗まれたということは、すごく残念でならないですね

その後、12日朝になって神社にこんな電話がかかってきたという。

祢宜の女性:
「大変申し訳ございませんでした。私がやりました」ということで、「今から警察署の方に出頭しようと思っています」ということで、神社に直接電話をいただいたので

15日までに愛知県警北署に住所不定・自営業の松田幸四郎(22・写真左)容疑者と、北区の家業手伝い、矢野雄也容疑者(21・写真右)が出頭し、ともに窃盗容疑で逮捕された。

(東海テレビ)