銀獅子賞のトロフィー初お披露目

映画「スパイの妻<劇場版>」のオンライン配信イベントが10月7日都内で行われ、主演の蒼井優(35)さん、高橋一生(39)さん、黒沢清監督(65)が登場した。

この記事の画像(25枚)

作品は、太平洋戦争開戦の神戸を舞台に、恐ろしい国家機密を知ってしまった夫と、それを支える妻を描いた歴史サスペンス。

9月に開催されたベネチア国際映画祭で、銀獅子賞の監督賞を受賞してから初の公の場ということで、トロフィーもお披露目された。

黒沢清監督:
数日前にやっとこれが届いて。まぁ何やら映画の歴史に名前が刻まれたんだなぁみたいな感慨が、これを見ると湧いてきますね

蒼井優:
触れる距離にあるんですけど、全然触ろうと思わないぐらい…何かすごい圧がある

高橋一生:
現実感ないんですよ、ここにあるっていうのが…。ただあの見た感じ、非常になめらかなんだと思いました

「黒沢組」は美術館のような雰囲気

日本人では、北野武監督以来17年ぶりの銀獅子賞という快挙を成し遂げた黒沢監督。

イベント後のインタビューでは、めざましテレビの藤本万梨乃アナウンサーが現場の雰囲気について、夫婦役を演じた2人に聞いた。

蒼井優:
独特の緊張感があるんですよ、黒沢組って

蒼井優:
美術館みたいな

高橋一生:
あ、そういう感じかもしれないですね

高橋一生:
静粛な感じというか、監督のお人柄もきっとあるんでしょうけど、募黙な方なので。穏やかですよ。穏やかに緊張するような

今回、夫婦役で出演した蒼井さんと高橋さんは、実は2020年1月公開の映画「ロマンスドール」でも夫婦を演じていた。

藤本万梨乃アナウンサー:
2作品連続の夫婦役いかがでしたか?

蒼井優:
楽しかったです

高橋一生:
楽しかったですね

蒼井優:
よかった…(小声)

高橋・蒼井:
(笑)

高橋一生:
カットかかった後の蒼井さんに戻るときがすごくチャーミングなので

蒼井優:
え~

高橋一生:
僕はそのギャップで、すごく心がほぐれつつ、お芝居ができていたと思って

また、“秘密を隠す”という作品にちなんで、藤本アナウンサーから質問。

藤本万梨乃アナウンサー:
お二人に、秘密を隠していられるようなスキルを身につけさせていただけないかなと

高橋一生:
ヘラヘラ笑っておくことじゃないですか(笑)

高橋一生:
どういうことを隠したいんですか?

藤本万梨乃アナウンサー:
それは…(笑)

蒼井優:
本当は別の会社に入りたかった

一同:
あはははは(笑)

藤本万梨乃アナウンサー:
そんなことない!

蒼井優:
絶対隠した方がいいよね

藤本万梨乃アナウンサー:
もしそうだとしたら隠したい!

高橋一生:
隠したいですよね(笑)

藤本万梨乃アナウンサー:
墓場まで持って行きます!

高橋・蒼井:
あはははは(笑)

高橋一生:
笑顔でいた方が…。あはははは(笑)

藤本万梨乃アナウンサー:
これで大丈夫ですか?(にっこり)

蒼井優:
信用されなさそう(笑)その表情でずっといたら

高橋一生:
だめだ(笑)

一方、めざましテレビのスタジオでは…

藤本万梨乃アナウンサー:
フジテレビが大好きです!

スタジオ:
あはははは(笑)

軽部真一アナウンサー:
うそくさいね、本当だとしてもうそくさい

藤本万梨乃アナウンサー:
本当です!心から思ってます

藤本万梨乃アナウンサー:
ちなみに、蒼井さんご自身は秘密を隠しておくのが苦手ということで、「そもそも秘密は持たないようにしています」と話していました

動画で見る

(めざましテレビ 10月8日放送分)