大量の血を流す被害者を抱きかかえ…

10月1日午前9時半ごろ、表情を変えることなく警察署から姿を見せた男。元交際相手とみられる女性を刃物で殺害した疑いが持たれている水元義人容疑者(35)。

水元義人容疑者(35)

警察は1日、容疑を殺人に切り替え検察に身柄を送った。殺害されたのは、埼玉県川口市に住む会社員の石沢里美さん(23)。襲われた際の状況が分かってきた。

水元容疑者は通勤途中の石沢さんを待ち伏せ、事前に用意した刃渡り約20cmの刃物で石沢さんの首近くを刺したとみられている。

その直後の様子が目撃されていた。

目撃者の男性:
男性が座って、女性が膝の上に横たわって。恋人同士かそんな感じで抱きしめていた

水元容疑者は、大量の血を流す石沢さんをずっと抱きかかえていたという。

身勝手な動機の背景に複雑な女性関係

12歳の年の差カップルとして交際していたとされる2人に、一体何が起きたのか?

以前、交際関係にあったという2人は、携帯電話販売店の元同僚だったことがわかった。最近になって水元容疑者が復縁を迫っていたという。

一方で水元容疑者と15年来の付き合いだという知人は、水元容疑者の複雑な女性関係についてこう話している。

水元容疑者の知人男性:
2回結婚しているのかな、知っている範囲では。今の方は(子どもが)2~3人くらいって記憶している。

水元容疑者は1度目の離婚後に石沢さんと交際していたとみられ、その後、別の女性と再婚したのだという。

水元容疑者の自宅に行ってみると、庭にはベビーカーが置かれていた。

水元容疑者の自宅

しかし…

水元容疑者の知人男性:
離婚するんですよ」ってこの前、電話で言っていた。9月14日。

――新居は1人で住む?

水元容疑者の知人男性:

そうですね。

この離婚話が今回の犯行に何らかの形で関係しているのだろうか?調べに対し、水元容疑者は「復縁を迫ったが断られたので殺した」と供述している。

送検される水元容疑者

(「イット!」10月1日放送分より)