東京証券取引所は1日朝からシステム障害が発生し、すべての銘柄の取引を停止すると発表した。取引を終日停止するのは初めてとなる。
名古屋や福岡、北海道・札幌の証券取引所でも、同様に取引が停止している。
原因は不正アクセスによるものではなく、株式売買システムの相場情報配信の機器が故障したことによる障害だと思われる。
東証では社長が会見し原因や復旧のメドなどについて説明する。

※ストリーミング配信のため、実際の時刻より数十秒の遅延が生じます。

関連記事:東証で全取引停止 システム障害