県西部を走る鉄道「中村線」が全線開通から50年を迎えました。

四万十市中村と四万十町窪川を結ぶ中村線は、

第三セクターの土佐くろしお鉄道が運営していて、

旧・国鉄時代から数え、今年で開通50年の節目を迎えます。

沿線人口の減少や、高速道路の延伸で

利用者が減少する中迎えた悲願の50周年。

記念式典では、土佐くろしお鉄道・金谷正文社長が

「これからも親しまれ愛される鉄道でありたい」と挨拶しました。

また、中村駅では、50年の軌跡を振り返るパネル展も始まり、

利用者は懐かしそうに写真を眺めていました。