岩手県盛岡市紺屋町に蔵を構える菊の司酒造。

専務の平井佑樹さん、28歳。

菊の司酒造は創業1772年、県内の酒蔵でも最古の老舗。

平井さんは東京の大学卒業後、家業を継ぐため戻ってきた。

16代目の蔵元となるべく現在修行中だという。

柴田光太郎アナウンサー

「これまで酒つくりに携わってきてどんなことがありましたか」

菊の司酒造 専務 平井佑樹さん

「今度の酒つくりで7回目になるけれど、やっぱりいろんなことがあった。失敗したことももちろんたくさんあるし、でも成功したというか、結果も出てきていて、チャレンジしながら酒つくりを楽しんでいきたい」

平井さんが中心となって醸造している銘柄がある。

それが「平井六右衛門」シリーズ(4種類ある)。

菊の司酒造 専務 平井佑樹さん

「使っているコメや製法が違っていて、香りも味わいも全然違う」

そのうちの1種類、「盛流」をいただいた。

柴田光太郎アナウンサー

「すっきりしていますね。口の中に米の甘みというかファーっと広がって、とても美味しいです」

菊の司酒造 専務 平井佑樹さん

「純盛岡産のお酒なんですが、蔵の裏を流れる中津川をイメージしていて、香りは穏やかめだが、すっきり辛口で、余韻は長く、楽しんでいただける酒を目指してつくっている」

蔵の歴史を受け継ぎながら、革新にも挑戦する平井さん。

しかし、日本酒業界も新型コロナによる暗い影が落ちていると言う。

菊の司酒造 専務 平井佑樹さん

「新型コロナが流行って宴会が無くなる、そもそも飲食店に行きにくくなる状況になり、(需要が)がたっと落ちてしまって、影響はかなりある」

それでも逆境の中にあるからこそ、知恵を絞ることが大切だと話す。

そのアイデアの一つ、4月には日本酒好きに向けた利き酒専用の酒を販売した。

ユーチューブでも紹介されるなど、反響があったという。

菊の司酒造 専務 平井佑樹さん

「500人くらいの人に参加いただいていて、そういうふうに日本酒を楽しんでいただいたのは、かなり大きいかなと思う」

8月、菊の司酒造では蔵で新たな取り組みを始めた。

角打ちと呼ばれる立ち飲みでの酒の提供だ。

200円からという安価な価格で蔵のさまざまな銘柄を楽しむことができる。

10月1日には、「日本酒の日」に合わせて、鏡開きをして酒をふるまうなど、特別営業をするという。

中にはこの日しか飲めない特別な酒もあると言う。

菊の司酒造 専務 平井佑樹さん

「昭和50年につくられたお酒ですね。46歳とか、そういう感じ」

フライングではあるが、今回、特別に飲ませてもらった。

柴田光太郎アナウンサー

「飲んだ後の鼻から抜ける香りが結構ある」

菊の司酒造 専務 平井佑樹さん

「口の中で広がる香りは熟成酒ならではの香りがあるので、それを楽しんでもらいたい」

日本酒をより身近に、楽しんでもらいたい。

未来の16代目の挑戦は続く。

菊の司酒造 専務 平井佑樹さん

「酒つくりそのものをお客さんにお伝えして、それを共有して、お客さんの声を酒つくりに取り入れながら、やっていけたらいい」