白昼の路上で23歳女性が刃物で刺される

白昼の路上で犯行は起きた。
23歳の女性が埼玉県越谷市の路上で元交際相手に首を刃物で切られ死亡した。

事故直後の現場で警察官が拾い上げたのは、赤く染まったマスク。

さらに、犯行に使用された刃物だろうか、長い棒状の物をシートでくるんでいた。

事件を知らせたのは、9月30日午前9時過ぎの通報だった。

「路上で刃物を振り回し、もみ合っている人がいる」

駆けつけた消防と警察が目にしたのは、大量の血を流す女性とその体を抱きかかえる男の姿だった。
女性は刃渡り約20センチの刃物で、首の近くを刺されていた。

被害女性は埼玉県川口市に住む会社員石澤里美さん(23)。心肺停止状態で病院に運ばれその後死亡が確認された。

警察は現場にいた、千葉県木更津市の会社員水元義人容疑者(35)を殺人未遂の現行犯で逮捕した。

目撃者:
「どうしたんですか」って聞こうとしたら、男が料理包丁を振り上げて、包丁にはすでに血がべっとりついている状態

記者:女の人は全然動かない?
目撃者:
ああ、もう顔白くなっていたね。かなりの出血。

記者:どこから出血?
目撃者:
胸辺りが泡になっていた、血が泡で噴き出ているみたい

水元容疑者は「カッとなりやすい性格」

石澤さんと以前交際していたという水元容疑者。なぜこのような凶行に及んだのか。

15年前から水本容疑者を知る人の話を聞くことができた。

水元容疑者の知人:
信じられないというのが正直ある。本当にやったのかなみたいな。
「離婚するんですよ」ってこの間(9月14日)電話で言っていました。その離婚する方とは、2人か3人くらい子供がいたという感じです。また離婚するということで、1DKの部屋を紹介させてもらいました

また、水元容疑者の親族はFNNの取材に対し「カッとなりやすい性格だった」と話している。

警察の調べに対し「刺したことは間違いない」と話し容疑を認めている水元容疑者。

以前交際していた石澤さんに、復縁を迫っていた可能性もあるとみられ、警察は容疑を殺人に切り替え詳しい動機などについて調べている。

(「イット!」9月30日放送より)