10月1日から、お酒にかかる税金が変わる。

税率が引き上げとなる「第3のビール」では、駆け込み購入の動きが続いている。

神奈川・横浜市の「イトーヨーカドー たまプラーザ店」では、第3のビールの仕入れを増やし、ケース売りのコーナーを設けている。

税率が350mL1缶あたり、およそ10円上がるのを前に、まとめ買いをする来店客に対応している。

来店客は「家族で飲んだりするので、まとめて買っておいてもいいかなと」、「このために車で来ちゃった」、「(値段が変わるのは大きい?)大きいですよ」などと話した。

イトーヨーカドー たまプラーザ店・中村浩生管理統括マネジャー「昨年に対して1.4倍ぐらい売り上げが伸びている。2ケース、3ケースと普段飲む方はまとめて買う方が多い」

一方、ビールの税率は1缶あたり7円下がる。

大手各社は、ビールの需要が高まるとみて新商品を投入するなどして消費者の取り込みを狙う。