テニスの全豪オープンは24日、メルボルンで女子シングルス準決勝が行われ、大坂なおみ選手がチェコのカロリナ・プリスコバ選手と対戦し、第1セットを6-2で先取。第2セットは4-6でプリスコバ選手が取りましたが、最終セットを6―4で制し、日本勢初の決勝進出を決めた。

決勝は、ウィンブルドン選手権で2度の優勝を誇るチェコのペトラ・クビトバ選手と対戦する。