5歳男の子が車にはねられ重体

9月27日東京都台東区で、5歳の男の子が車にはねられ意識不明の状態で病院に搬送された。

事故現場付近の写真からみると、男の子は大通り中央部分の横断歩道を渡っていた。

一方で車は、見通しのいいほぼ直線の道路を走っていた。もちろん交差点には信号機もある。

この記事の画像(5枚)

事故はなぜ起きてしまったのか。

19歳男が信号無視をして交差点に進入か

事故が起きたのは、9月27日午後6時すぎ、東京都台東区浅草橋の横断歩道。

警視庁によると、当時男の子は母親と一緒にいて、横断歩道の信号が青になってすぐに渡り始めたとみられている。

車を運転していた19歳の男は、乗用車側の信号が赤に変わったのにもかかわらず停車することなく交差点に進入し、男の子をはねたとみられることが分かった。

男は過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕され、容疑を認めているという。
警視庁は男が信号無視した可能性があるとみて当時の状況を調べている。

(「イット!」 9月28日放送より)