北海道の胆振地方にある安平町ではダリアが満開で、出荷作業が本番を迎えています。

 赤に黄色、色とりどりに咲き誇るダリア。

 安平町の「やまき育種園芸研究所」では350品種、約2万本のダリアが生育のピークを迎えています。

 例年は見学を希望する人には開放していますが、2020年は花の伝染病を警戒し、一般の立ち入りを禁止しています。

 このダリアは仏壇に供える花やブーケの一部などとして使われ、主に札幌に出荷されます。

 出荷作業は10月中旬まで続きます。