岩手県盛岡市出身で、マリナーズの菊池雄星投手がアスレチックス戦に先発し、今シーズン最後の登板を無失点で締めくくった。

日本時間9月26日がレギュラーシーズン最後の登板となった菊池投手。

序盤からボールを低めに集め、打たせて取るピッチングを見せる。

しかし4回裏ノーアウト2塁1塁のピンチを迎えるが、菊池投手は動じなかった。

落ちるボールを効果的に使い、ダブルプレーに仕留める。

菊池投手は無失点の好投も、援護なく白星がつかず、メジャー2年目は9試合に先発し、2勝4敗の結果で終えた。

マリナーズ 菊池 雄星 投手

「最終戦、良い形で終われたのは良かったなと思う。来年は本当の意味で、プロに入ってから一番大事な年になると思っている」