9月25日、再任の挨拶に福島県庁を訪れた梶山弘志経済産業大臣。

菅内閣が引き続き廃炉などを進めていく考えを強調した。

梶山弘志経済産業大臣:「菅首相の下で新たな体制にはなりましたけれども、私どもにとっては福島の復興そして東電電力福島第一原子力発電所の廃炉・汚染水対策が最重要課題であることには代わりはございません」

これに対し福島県の内堀雅雄知事は「全面に立って廃炉対策に取り組んでいただきたい」と述べた。

一方、福島第一原発に溜まり続ける処理水については早急に処分方針を決定する必要があるとし、全漁連などから今後意見を聞く場を設ける方針を示した。