楽天イーグルス、2位・ロッテを3タテ、チームは今季初の5連勝でロッテとのゲーム差を2.5に縮めました。

当面の敵ロッテに連勝と波に乗る楽天は、9月24日も序盤から主導権を握ります。

2回、打席にスタメンマスクの下妻。おととし戦力外通告を受け今年、支配下に返り咲いた苦労人が8年目にしてプロ初ホームラン。チームに先制点をもたらします。

さらに3回、フォアボールなどでチャンスをつくり7試合連続で4番に座る茂木。レフトへのヒットで2塁ランナー鈴木大地が一気にホームイン。リードを広げます。

一方、先発の松井は毎回ランナーを背負うも決め球の変化球と威力のあるストレートでロッテ打線に得点を与えません。

さらに24日は下妻のリードも光ります。5回、2アウト満塁のピンチで一発もある井上に対し初球、カーブでストライク。松井も驚いたという配球で2ストライクまで追い込むと、最後は渾身のストレートで空振り三振。5回までアウト15個のうち12個を三振で奪う力投でロッテ打線に得点を許しません。

その後、4人の継投で完封勝利の楽天、松井は3勝目、チームは今シーズン初の5連勝です。

下妻貴寛 選手

「気持ちが折れそうになったときに支えてくれた方々、家族が支えてくれてここに立っていると思うので、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」