(気象予報士 吉田裕美)

25日夜は特に沿岸を中心に大雨・暴風・高波、全てにおいて警戒が必要。

その原因は台風12号から変わった温帯低気圧。

25日夜9時には宮城県沖に進んでくる予想となっている。この低気圧は発達を続けていて、26日朝にかけて三陸沖を北上する見込み。

雨・風のピークはまさに25日夜ということになる。

レーダーで雨雲の様子を見てみると、この時間は沿岸で所どころ雨雲が発達して強い雨が降っている。沿岸では1時間に10ミリ前後のやや強い雨が降っている状態。

このあとの雨・風の予想は…

沿岸を中心に雨・風が強く、25日夜11時頃には、沿岸では雨脚が強まって横殴りの雨になりそう。1時間に40ミリの激しい雨が降る恐れもある。

そのあと、26日の未明にかけて雨・風強い状態が続きそう。

26日朝には、雨が止む所がほとんどだが、北部では雨が残る見込み。

25日夜は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒。

そして停電に備えて懐中電灯などの準備、非常灯などの確認もしておきましょう。

25日夜このあと数時間は雨・風のピークとなるので、不要不急の外出は控えて安全にお過ごしください。