宮城県内では9月25日、大河原町の小学女子児童1人、大郷町の60代男性1人の計2人の新型コロナウイルス感染が確認されました。

25日に感染が確認されたのは、大河原町に住む10歳未満の小学生の女子児童と、大郷町の60代の会社員の男性の、合わせて2人です。

大河原町の女子児童は、すでに感染が判明している大河原町の30代女性の同居する家族で、無症状。22日以降は外出していないということです。

大郷町の男性は、これまでに感染者との接触は確認されておらず、感染経路はわかっていません。重篤な状態ではないということです。

仙台市では25日、新たな感染者は確認されませんでした。

宮城県内で感染者が確認されるのは31日連続で、感染者の累計は385人となりました。25日に感染が確認された2人を含み、宮城県内では、入院中が36人(重症者は0人)で、病床占有率は50%(ベッド数:72床)となっています。そのほか入院調整中が6人、ホテル療養中が11人、自宅療養中が12人となっています。