政府の観光支援事業「GoToトラベル」の対象商品として、東京都内のホテル業者が宿泊プランに大手免税店の買い物券をつけて販売していることがわかった。

観光庁は、この業者を近く指導する方針。

10月1日から「GoToトラベル」に東京も追加される予定だが、都内のホテル業者が宿泊プランに特定の免税店で利用できる3万円分の買い物券をつけて販売していることがわかった。

業者は、宿泊代をおよそ4万円に設定していて、利用者はGoTo事業として「地域共通クーポン」も含めて2万円相当の割引を受けられるうえ、3万円の買い物券も使える。

取材に対し、この業者は「事務局に許可を取りました」としているが、観光庁は「換金性の高い商品は事業の対象外」としていて、事実関係を調査したうえで、近く指導する方針。