台風12号から変わった低気圧の影響で、9月25日は岩手・沿岸を中心に大雨となるほか、海上では非常に強い風が吹き、大しけとなる見込み。

盛岡地方気象台は土砂災害や河川の増水、暴風や高波に警戒を呼び掛けている。

台風12号は24日午後3時、温帯低気圧に変わったが、この低気圧の影響で25日午後6時頃から沿岸を中心に1時間に30ミリの激しい雨が降り、大雨となるところがある見込み。

25日午後6時までに予想される24時間雨量は、多いところで沿岸で100ミリ、内陸で70ミリ。

その後、雨量は増え26日午後6時までに予想される24時間雨量は、多いところで沿岸で100から150ミリ、内陸で50から100ミリ。

さらに、25日沿岸の海上では非常に強い風が吹き大しけとなる見込み。

25日予想される最大瞬間風速は海上で35メートル、26日は25メートルから35メートル。

波の高さは25日、26日共に7メートルの予想。

気象台は、海上では25日昼過ぎから26日にかけて高波に、25日夕方から26日にかけては暴風に警戒するよう呼びかけている。