東京・葛飾区の女子大生が昨年11月から行方不明になっている事件で、警視庁は茨城県神栖市内で遺体を発見し、女子大生の可能性があるとみて調べている。

この事件は、昨年11月20日から都内の薬科大に通う、19歳の女子大生が大学の授業に出席してから、茨城県神栖市内に移動した後、行方不明になっているものだ。

警視庁は、女子大生と会っていたとされる神栖市内に住む30代の男性から任意で事情を聴いていたが、男性は「女性と玄関先で話したが、すぐ帰った」などと話していた。

警視庁はきょうまでに神栖市内で捜索を行い、遺体を見つけたということだ。

警視庁は遺体が行方不明になっている女子大生の可能性があるとみて身元の確認を急ぐとともに男性への聴取を続ける方針だ。

逮捕された広瀬晃一容疑者