24日未明、鹿児島県瀬戸内町の住宅や飲食店が密集する地域で住宅など10棟が焼ける火事がありました。けが人はいませんでした。

警察によりますと24日午前0時半ごろ、瀬戸内町古仁屋春日で「建物が燃えている」と近くに住む人から119番通報がありました。

火は直木新作さん(66)の住宅から隣接する住宅などに次々と燃え移り、約3時間後に消し止められました。

この火事で直木さんの木造平屋の住宅1棟を含む、住宅や飲食店あわせて5棟が全焼、2棟が半焼、3棟の一部が焼け、あわせて10棟が焼けました。

被災した家の住民は「とんでもない炎が上がっていて、父を逃がして避難するしかなかった」と当時の状況を語りました。

直木さんはひとり暮らしで出火当時は家にいましたが、火が出ているのに気づいて逃げ出し、けがはありませんでした。

これまでのところ、ほかのけが人の情報も入っていないということです。

現場は住宅や飲食店が密集する地域で、警察と消防は24日朝から実況見分を行い、火事の原因を調べています。