全国のご当地キャラクターを集めた「ゆるキャラグランプリ」が10月、岩手県滝沢市で開かれるのを前に、岩手県内のキャラクターを紹介する。

今や全国に1000体以上いるゆるキャラ。そのナンバーワンを決すべく始まった「ゆるキャラグランプリ」。

10月3日、4日の2日間、全国のゆるキャラたちが滝沢市のアピオに大集合する。

そこで県内からエントリーしている、ゆるキャラたちのグランプリへの意気込みをお伝えする。

最初はエントリーナンバー247「そばっち」。岩手の「わんこそば」と生産量日本一の漆を使った「漆器」を組み合わせたキャラクター。

「(お客さん) 一人一人へ、おもてなしをもってお迎えします。 グランプリでは入賞を目指して頑張りたいと思います」

続いてはエントリーナンバー554「かるるん」。軽米町のアマランサスの花から生まれた女の子の妖精。特技は野球。

「グランプリ目指して頑張ります。投票よろしくお願いします」

ゆるキャラグランプリは10月3日・4日に滝沢市のアピオで開かれる。

4日は人気お笑いコンビサンドウィッチマンの2人も駆けつけ、楽しいイベント盛りだくさん。

会場では、決戦投票に参加することもできる。