10月1日から政府の観光支援事業「GoToトラベル」に東京が対象に追加される予定だが、東京都は、独自の財源を使って1人あたり最大で5,000円をさらに上乗せして助成することを検討していることがわかった。

関係者によると、10月1日から東京が対象に追加されることを前に、東京都は、独自の財源を使って「GoToトラベル」が助成する金額に加えて、都民が都内を旅行する場合に限り、さらに助成を上乗せする方向で調整している。

具体的には、都民が都内を旅行して宿泊した場合、1人1泊5,000円を助成するというもので、GoToトラベルの最大2万円の助成とあわせると、1人あたり最大2万5,000円となる。

バスツアーなどの日帰りの場合でも1人2,500円の助成を検討しているという。