新しい立憲民主党は岩手県連の代表を小沢一郎衆院議員とすることを決定した。

9月23日は合流する2党の幹部が出席し、役員人事など具体的な事項を協議した。

そして、旧国民民主党県連の代表だった小沢一郎衆院議員が新しい県連でも代表に、旧立憲民主党県連の代表だった高橋重幸盛岡市議が代表代行となることが決まった。

また、新しい県連の設立大会は10月11日に行われることも発表された。